浅田次郎の書籍を徹底紹介します。

    

天国までの百マイル |浅田 次郎

天国までの百マイル
天国までの百マイル
posted with amazlet on 07.01.29
浅田 次郎
朝日新聞社
売り上げランキング: 11318
おすすめ度の平均: 4.5
4 なにもかも
5 ストレートに行動する
5 もう止まりません

【私の評価】★★★☆☆

■著者紹介・・・浅田 次郎(あさだ じろう)

 1951年生まれ。
 1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。
 1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。
 2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。
 その他著書多数。


●主人公の安男は40歳。バブル時代に不動産で儲けたものの、
 バブル崩壊で金も家族も失った、落ちぶれた中年男です。

 友人の会社にやっかいになりながら、給料の30万円は
 すべて別れた妻に仕送りし、その日暮しをしています。


●そして、心臓病を患っている主人公の母が、
 心臓パイパス手術が必要とわかると、

 安男は、千葉の天才的な心臓外科医のところまで、
 母を自分の車で搬送します。
 (これが160km、百マイル)


●ありきたりのテレビドラマのような設定ですが、
 安男を思う母の思い、女手一つで家族を育てた母の生きざま、

 安男を励ますいい女マリの恋心、そうした人間模様が、
 なかなか泣かせてくれます。


●やはり、浅田次郎の小説は泣けてしまいますね。

 ( 小説だからこそ書けることがあるんだな・・・ )
 そう感じながら★3つとしました。



■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・だめだめ。前歯が欠けていると運が逃げるって・・・(p218)



▼引用は、この本からです。
天国までの百マイル」浅田 次郎、朝日新聞社(2000/10)¥500
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

     

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら