浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


蒼穹の昴(1) |浅田 次郎

蒼穹の昴(1)蒼穹の昴(1)
浅田 次郎
講談社 刊
発売日 2004-10-15
価格:¥620(税込)




読み終わるのがもったいない・・・ 2006-06-14
この本ほど、読みおわるのがもったいないと思った作品はありません。エンターテイメント性に富み、泣かせどころも随所に配置しながら、歴史の大局を崩すことのないストーリー展開は、もう圧巻です。この本に出会えたことに感謝しなければなりません。

物語の終盤は、やはり歴史の流れを踏まえていかねばならず、ちょっと(ほんのちょっとです。)トーンダウンのような気がしましたが、それを差し引いても、十分楽しめる作品でした。

浅田作品のなかでは、『壬生義士伝』と双璧をなす作品ではないでしょうか。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら