浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


極道放浪記〈2〉相棒への鎮魂歌 |浅田 次郎

極道放浪記〈2〉相棒への鎮魂歌極道放浪記〈2〉相棒への鎮魂歌
浅田 次郎
幻冬舎 刊
発売日 1998-12
価格:¥520(税込)




病み付きになる刺激があります。 2005-03-08
面白いですね。それと浅田ファンにとっては、ははぁ~、と思い当たるエピソードが目白押しです。きんぴか、霞町物語、プリズンホテル等の原型のような話が次々と披露されていてもう一回読み返してみたくなります。エッセイとしては「勇気凛々ルリの色」というこれまた面白いシリーズがあるのですが、「極道放浪記」シリーズの方が刺激が強いです。それにしても病み付きになってしまいます。浅田ファンには、お勧めです。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら