浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


天切り松 闇がたり3 初湯千両 |浅田 次郎

天切り松 闇がたり3 初湯千両天切り松 闇がたり3 初湯千両
浅田 次郎
集英社 刊
発売日 2005-06-17
価格:¥580(税込)




浅田ワールド、これにあり 2006-01-08
浅田次郎の作品を40作以上読んでいる大ファンです。

本シリーズも好きですね。



毎回「浅田ワールド」という虚実ないまぜの世界へといざなってくれます。

粋な世界を描かせたら天下一品ですね。

また、天切り松のテンポの言い語り口調が、文体にリズムを生んでいますので味わいが感じられます。タンカの切り方もいなせですし、明治・大正時代の江戸っ子っていうのは、こうだったんだ、と思わせるようなセリフ廻しに毎回感心してしまいます。



今作でも、竹久夢二、伊藤博文、永井荷風という実在人物を登場させ、いきなり不思議な世界へ連れていってくれるわけで、読者としては話の展開に毎回驚かされ続けます。もっともそこが魅力で好きな箇所なんですが・・・・。

第2話の「共犯者」の鮮やかさは、拍手喝采ものです。してやったり、と言う感じですかね。



そして第6話「銀次蔭盃」の安吉親分と仕立屋銀次の接見シーンの会話は、本当に泣けてきます。ケレン味たっぷりな話もまた浅田次郎の真骨頂ですね。

文庫化により、中村勘三郎の解説も所収されており、得した気分でした。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら