浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


珍妃の井戸 |浅田 次郎

珍妃の井戸珍妃の井戸
浅田 次郎
講談社 刊
発売日 1997-12
価格:¥1,680(税込)




「蒼穹の昴」の続編の一部 2006-03-24
 「蒼穹の昴」のレビューでも書いたが、この作品は、多くの謎を残したまま終わっている。その謎の一つ、若き皇帝と珍妃の最後について「蒼穹の昴」の出場人物の多くが登場して、様々な証言を行なう。

 これらの証言は、一致するものもあれば、全く正反対の主張もある。

 結局事実は藪の中になるわけであるが、このように、犯人を明示しない推理小説は、ストレスがたまる。

 こういう結末のつけ方も、新しい方向かもしれないが、「蒼穹の昴」の残された謎を期待した人間にとってはやや不満の残る結末であった。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら