浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


勇気凛凛ルリの色 四十肩と恋愛 |浅田 次郎

勇気凛凛ルリの色 四十肩と恋愛勇気凛凛ルリの色 四十肩と恋愛
浅田 次郎
講談社 刊
発売日 2000-03
価格:¥560(税込)




涙と笑いのエッセイ。 2005-02-17
本人は、毒舌、下品と称しているが決してそうは思えない、心温まるエピソードが随所に散りばめられたエッセイ。第1巻に続いて元自衛隊の面目躍如というべき沖縄問題について書かれた文章が印象的です。読み進めるに従い、著者の人となりにも慣れ親しみ旧知の間柄のような気持ちになります。1巻目のエッセイの続編、続々編のようなエッセイも登場します。2巻目も本当に面白いです。週刊現代に連載シリーズです。その手の週刊誌を読まれるような層の方に特にお勧めです。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら