浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


勇気凛凛ルリの色―福音について |浅田 次郎

勇気凛凛ルリの色―福音について勇気凛凛ルリの色―福音について
浅田 次郎
講談社 刊
発売日 2001-01
価格:¥600(税込)




著者が直木賞を受賞した頃。 2005-03-03
週刊現代に連載されているエッセイ、丁度1年分が一冊に収められている。「福音について」は、そのエッセイ集の第三弾。著者が「鉄道員」で直木賞を受賞した時期を挟んでいるのが今回の目玉。タダひたすら小説家を目指していた著者が夢にまで見た直木賞を受賞した前後の文章は、このシリーズの痛快さ、愉快さよりも長年溜め込まれていた思いが滲み出ているようである。この当たりがエッセイを読む面白みだろう。ホクトベガを書いた「優駿について」も競馬ファンには堪えられない一文です。浅田ファンにはお勧めです。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら