浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


薔薇盗人 |浅田 次郎

薔薇盗人薔薇盗人
浅田 次郎
新潮社 刊
発売日 2003-03
価格:¥540(税込)




著者得意の笑と涙 2005-03-05
短編集6編を収める。
中でも印章的なのは冒頭の「あじさい心中」。
出版社をリストラされたカメラマンと寂れた温泉街の場末のストリップ劇場であったストリッパーとの物語。前半、元カメラマンのストーリーと思っていると、後半の幸薄い人生を歩んできたストリッパーの独白になっていく。
年端のいかない頃、望まれない結婚生活の末、生まれた赤子。やがて引き離されるとわかっている我が子に知っている限りの物語を聞かせてすごしたふたりっきりの正月というシーンがただただ泣かせる・・・。
表題作の「薔薇盗人」は遠洋航海の汽船の船長である父親に対して小学生の息子が出す手紙形式で語られる・・。無垢な語りの中で浮かび上がる現実は皮肉が効きすぎてなじめなかった。
「あじさい心中」は出色だが、全体的には三ツ星。浅田ファンならチェックしてもよいかというレベル。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら