浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


活動写真の女 |浅田 次郎

活動写真の女活動写真の女
浅田 次郎
集英社 刊
発売日 2003-05
価格:¥580(税込)




当時の京都の学生生活をうまく表現 2006-07-15
浅田次郎には『地下鉄に乗って』『椿山課長の七日間』など、この世とあの世を結ぶ作品があるが、1970年の頃の京都を舞台にした、この作品もそのひとつです。

浅田次郎は東大に行かず、自衛隊に入ったが、その理由は生活のためと言う事になっているが、1969年の安田講堂の占拠で東大の入試がなくなったためだとも考えられる。

そのため、京大文学部に入学した主人公に映画の世界を、京都の街を語らせたのであろう、と考えられます。よい作品です。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

[PR]iPod

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら