浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


五郎治殿御始末 |浅田 次郎

五郎治殿御始末五郎治殿御始末
浅田 次郎
中央公論新社 刊
発売日 2006-01
価格:¥620(税込)




泣かされた 2006-02-23
明治維新という大きな時代の変わり目で、それまでの価値観を切り替えれた者、そのまま引きずっていった者。そういった人々を描いた、それぞれ独立した6つの短篇集です。

著者のいつもの手口に引っかかって思わずほろりとさせられたものもいくつかありました。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら