浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


ひとは情熱がなければ生きていけない |浅田 次郎

ひとは情熱がなければ生きていけないひとは情熱がなければ生きていけない
浅田 次郎
海竜社 刊
発売日 2004-04
価格:¥1,470(税込)




まじめで素敵な人だ、浅田さんは。 2004-11-20
いつも浅田さんの本を読んでいて思うことは、この人が、とてもきれいな日本語を書く、ということです。
丁寧に言葉を選んで書いているのは、浅田さんが、言葉を書くことがとても好きだからなのだろうと思います。
この本は、色々な雑誌で書いたエッセイや講演録などですが、どうやって「小説家 浅田次郎がつくられたか?」という、その背景が描かれています。
そして読んでいて思うことは、この人は周りの人をとても大事に愛しているということ。
温かい愛情をもった視線が、やさしい文章をつむぐのだと感じました。
多分彼は今53歳くらいなのだと思うけれど、何事についても一生懸命。全身全力。こんな50代、いるかしら、と思うと同時に、私はこんなに一生懸命生きているだろうか?仕事に命をかけられるだろうか?と何度も振り返ってしまいました。
力を抜いて、スマートに生きることも素敵かもしれないけれど、かっこ悪いくらい一生懸命走りぬく方が、誰がどう評価しようと、自分にとって一番すっきり生きやすいのかもしれないな・・・


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら