浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


日輪の遺産 |浅田 次郎

日輪の遺産日輪の遺産
浅田 次郎
徳間書店 刊
発売日 2000-04
価格:¥760(税込)




***恐るべし!浅田マジック*** 2005-10-01
話がどうもご都合主義。スケールは大きいと思うし、話は面白いんだけどなんだかなぁって感じなのですが・・・。でもやっぱり泣いてしまいました(笑)
物語にいつの間にかハマってしまい、まんまといつもの浅田マジックにかかってしまいました。このマジックが癖になって、他作品を読む・・・といったことを繰り返してしまう。
余談ですが、以前バイトしてた本屋で「何とかタロウだかジロウだか言う人の書いてる泣ける本おいてる?」と客に聞かれた際に、何も調べずに浅田本を進めたことがありました。その客はマジックにかかったらしく後日、他の浅田本をまとめてご注文いただきました★


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら