浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


見上げれば星は天に満ちて―心に残る物語 日本文学秀作選

見上げれば星は天に満ちて―心に残る物語 日本文学秀作選見上げれば星は天に満ちて―心に残る物語 日本文学秀作選

文藝春秋 刊
発売日 2005-05
価格:¥660(税込)




新たな刺激に 2005-06-05
私の好きな浅田次郎氏の推薦する日本文学秀作選シリーズということで丹念に読んだ。
普段は文章がやや難解で中々手にしない森鴎外作品も集録されているため、乱読読書人の私にとって新たな刺激となった。
日本文学を改めて見直すことの出来る1冊である。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら