浅田次郎の書籍を徹底紹介します。


五郎治殿御始末 |浅田 次郎

五郎治殿御始末五郎治殿御始末
浅田 次郎
中央公論新社 刊
発売日 2003-01
価格:¥1,575(税込)


「御一新」から数年経った明治のはじめが、この短編集の舞台。武士という職業はとっくになくなり、多くの侍が職業を変えて、必死に生きようとしていた。本書はそんな激動の世に、屈折した感情を抱きつつ生きている「元」侍たちが主人公である。
表題作「五郎治殿御始末」は、桑名藩の元事務方役人・岩井五郎治の思い出を、その孫が語る短編だ。廃藩置県の施行により、五郎治は旧藩士の「始末」(人員整理)を命じられる。元同僚たちに恨まれ泣きつかれながらも、彼はリストラの役目を淡々と遂行していく。そしてそれが終わったあと、五郎治はある決意を胸に、自分自身と岩井家の「始末」をつけようとするのだが…。
この物語では無垢な孫の目を通じて、時代が変わることの悲しみを静かに描いている。『壬生義士伝』でも採られた「語り」口調の文体が、巧く登場人物たちの心情を引き出すのに役立っている。
本書に収められた短編の主人公たちは、みな愚直であり不器用である。今風にいうなら彼らは「負け組」である。しかし彼らは決して卑屈にならない。時代の理不尽さを充分に承知し受け入れて、何とか折り合いをつけようとする。
表題作のほかに、商人としての第2の人生を生きる決意を抱いた元旗本の物語「椿寺まで」、太陽暦の導入に反発しながらも、最後はそれを黙って受け入れていく元幕府天文方の話「西を向く侍」などを収める。
彼らの凛(りん)とした精神の潔さが、いずれの短編の結末をも救っている。読んでいくうちに、知らず知らずのうちに主人公たちに励まされてくることに気が付くだろう。(文月 達)

「壬生義士伝」のサイドストーリーと思ったのに 2006-03-24
 浅田次郎氏の小説には、「続きを読みたい」と言う要素がある。「蒼穹の昴」には、「珍妃の井戸」で一応答えてくれた。

 この作品は、大作「壬生義士伝」の後日談ではないにしてもサイドストーリーの位置づけになると期待していた。

 しかし、売れっ子になって、粗製乱造状態となってしまって、残念ながら、彼の悪の強さばかりが鼻につく作品群になってしまった。

 少し、仕事を減らして、お休みになったらどうかというのが、最初の読後感である。


■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【浅田次郎の経歴】
1951年生まれ。

1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞受賞。

1997年『鉄道屋(ぽっぽや)』で直木賞受賞。

2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞を受賞。

その他著書多数。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら